掲示板とSNSどちらがいい?

出会い系サイトは数多くあります。メル友になることを募集する掲示板だったり、プロフィールを作って日記などを公開して他の人と交流を持って知り合うSNSなどがあります。それらにはどのような違いがあるのかを調べてみました。
■掲示板
掲示板の出会い系サイトとは、いわゆるスレッドと呼ばれる投稿フォームに書き込んで、全体的に文章を公開するものです。LINEのIDや連絡先などを公開することで直接メル友を作ったりできます。利用は無料というところが多く、不特定多数の人が書き込むことができるので、恋人よりもセフレを募集するという人が多く利用しているイメージです。情報量としてもあまり多くなく、一晩限りだったり割り切りの関係になることが多いです。
掲示板タイプの特徴としては、本当に不特定多数の人が書き込み、それを削除したり編集したりすることができないことが多いので、後々になって迷惑なユーザーからのメールが届いたりします。また、捨てアドと呼ばれるその時限りの連絡先を書き込んでおかないと、出会い系目的以外の人がそのアドレスを悪用して危険です。
ですが、人目に付きやすい・気軽に投稿することができるなどといった点では出会う確率は高いと思われます。
■SNS
Twitterやフェイスブックのように、自分のアカウントをもって、それを利用して別の人と交流するというものが、SNSの方式です。「マイページ」といわれるものがあり、そこを日記のように更新してお互いを知り合うというもので、掲示板のように突然知り合うという形ではなくお互いのことを深く知ったうえで会うことができるので、恋人や結婚相手を探すという人にオススメです。
注意したいのは、細かい日常までを書いていくため悪質ユーザーなどができたときには、迷惑な行為をされてしまうかもしれないということです。そんなユーザーがいれば通報処置などが取れるシステムも現在実装されていっているのでもっと使いやすくなっていると思います。
■同時登録で長短を調べる
出会い系サイトに登録できる数などは特に決められていないので、自分が好きなところにすきなだけ登録していいのです。ですので、オススメとしては気になるところに登録していいところ・悪いところを調べて確認することですね。

関連記事